理事長基本方針

 

2020年度 基本方針

はじめに

人間は、決して一人では生きていけません。 思いやり支え合い、人と人とのつながりがあるからこそ生き甲斐を感じられるのです。 我々は、かかわる方々の未来に変化をもたらす魅力ある存在でなければならない。

時代は流れ、一般社団法人三郷青年会議所の創立当初から大きく変化してきた三郷市。 夢と希望と情熱をもち、人のため、地域のために尽くした先輩方が築き上げた誇り高き志 を保ったまま、三郷青年会議所も時代の流れとともに変化を遂げなくてはなりません。日本の社会問題を改善していくために大々的に施行された働き方改革は、青年会議所の運営にも大きく影響しています。この日々変化する社会に、様々な課題に対応できる進取の気 性をもった青年会議所の運営が必要な時代となりました。このまちをより良いまちにしたいという会員一人ひとりの想いが、多くの人の心を動かす魅力ある団体であり続けなくてはなりません。今後も地域に尽くすためにはまず、自分たちの足元を見つめなおす機会が必要です。そのためには、現在の青年会議所が男女問わず、若い青年が集まる組織にしなくてはなりません。若者が魅力を感じる組織とは「楽しい」や「おもしろい」と感じられ る組織です。では青年会議所として何が楽しく、おもしろいのかというと、今までの社会生活では得ることのできなかった変化が自身に生まれ、成長を感じられることです。だからこそ青年会議所の固定観念に縛られることなく、新たな発想や意見を取り入れ、組織改革を行うことが常に向上心のある青年会議所として目指すべき姿になるのです。今こそ仲間を思いやり、絆を深めた青年たちで、改革という新たな挑戦をすることが必要なのです。 また近年、思いも寄らなかった様々な犯罪が増え、さらには地球の環境も変わり、日本でも想像を超える自然災害が発生しています。そういった有事の際に一番必要なものもまた、思いやり支え合う、人と人とのつながりなのです。 我々はこのまちの人々の懸け橋となり、かかわる方々との縁を絆へと育むことで、明るい豊かなまちづくり、そして社会づくりに邁進いたします。

会員の資質向上と地域団体とのパートナーシップ

まず、運動をするためには自らが成長しなくてはいけません。自らの成長というのは望んでできることと、外的要因から成長の機会が与えられることがあります。青年会議所と して多くの学びを得られることは後者の方が大きいのです。現在の三郷青年会議所は、入会年数が浅いメンバーが多く、青年会議所の使命にある「より良い変化をもたらす力を青 年に与えるために発展・成長の機会を提供する」ということや、本来の価値が見いだせな いまま時を過ごしているメンバーも少なくないはずです。人のため、地域のために貢献するにはまず自分の成長のために学び、そこで得られた知識を行動に移すことが大切です。 青年会議所では失敗を恐れず挑戦し、検証してその結果を後世に託していくことができま す。また、青年会議所の目指す、笑顔あふれる明るい豊かなまちづくりと同じ方向性をもった地域団体との連携も深めることで、メンバーの資質向上と、新たな可能性を発見でき る成長の機会を提供して参ります。

青年会議所の特性を活かした出会い

青年会議所の唯一の継続運動が会員拡大運動です。なぜ継続的に進めていかなくてはならないのかと言うと、新たなメンバーを迎えることで、新しい発想や意見を多く取り入れることができ、継続的に拡大することで時代の流れや新たな問題に対応できる組織となれるのです。そして青年会議所の魅力の一つとして20歳から40歳までという年齢制限を設けています。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。会員は1年ごとにさまざまな役職や運動を経験することができ、豊富な実践経験を積むことができます。その経験から各自の生活の基盤へとフィードバックさせていくことができるのです。こうした運動や活動の中でメンバー同士に 育まれた友情は、かけがえのないものとなります。多くの方にこの会の魅力を伝播するこ とで人々との縁を絆へと育み会員拡大に邁進します。

地域のつながりを広げること

昨今の社会はインターネットの普及に伴い、いつでも最新の情報が得やすくなり、欲しい情報を検索することができるようになりました。また、その利便性から悲しい情報も多く得られるようにもなりました。行き過ぎたモラルに縛られていながら、地域の連帯意識 の希薄化、道徳心に欠ける事件など多くのことを耳にします。そして我々が様々な利便性 を重視した結果、地球の環境を大きく変えることにつながってしまった人災とも言える災 害もあります。日本でも想像を超える自然災害が多発し、多くの方が被害にあわれております。しかしながらそのような時代でも未来に夢と希望をもった子どもたちがいるのです。子どもたちの未来のために私たちは、人と人との架け橋となり、有事の際に助け合える 共助の心を育みます。そして市民の皆様と一体となって地域社会の問題に取り組む機会をつくり、共感を集める仕組みづくりに率先して取り組むことで誰一人取り残されない明る い豊かなまちづくりにつなげます。

組織を支える強固な基盤

総務委員会を中心に、組織を支える強固な基盤として会議の設営や、記録保存、財務管理などを円滑に行い、総務・事務・財務の職を一人ひとりが全うすることによってこの会を健全に支えます。それはどんなに素晴らしい組織でも、基盤が軟弱だと組織が大きくなるにつれ健全な運営が損なわれるからです。また青年会議所は会議に始まり会議に終わる ものです。理事会や総会においては担当者の想いや情報を会員に迅速かつ正確に伝えるこ とで、会員同士のつながりがより強固なものとなるよう、組織全体の架け橋となります。

新たな魅力の発見と発信

広報とは、企業や組織などが、市民の皆様と良好な関係を築いていくための活動です。「誰から誰への広報なのか」をキーワードに、まずは広報スケジュールを組み、プレスリリースやSNSを活用し、まちの魅力、企業の魅力、会の魅力、そして新入会員の方々の新たな 魅力を発信します。そして SDGsを推進している企業にもスポットをあてることで、まだ誰もが知らない・知りたくなる新たな魅力を発信します。このような広報活動を通し、この まちの方々に世界的に認知度の高い開発目標を伝えることで、我々三郷青年会議所がどのような団体で、どのような運動を行っているのかをより多くの方に知っていただき共感していただけるよう、魅力の発見と発信でつながりを広げます。

むすびに

地域の問題に向き合い運動や活動にかかわる市民の方が少数だと、問題や面倒なことは他人任せにして、見て見ぬふりをされているようで、とても寂しい気持ちになります。当然ですが誰かが動かなければ問題が解決されることは決してありません。一人が一生懸命に百歩進むより、百人で一歩を進める絆という団結力が、明るい社会の実現につながると 私は信じています。目まぐるしく変化する時代こそ、貴重な縁を絆へと変え、仲間と共に思いやり、力を合わせ、互いに支え合える方々を増やすことが必要なのです。そのために 自ら学び、成長し、手を差し伸べ行動することで他人事を身内事にできる人間となるのです。そういった方々が少しでもこのまちに増えることで、笑顔あふれる明るい豊かなまちづくりが進み、誰一人取り残されない社会へと確実に成長していくのです。自分のためだけに100%以上の力を出せる人は少ないはずです。自分も含め家族や友人のため、そしてまちのために努力するからこそ100%以上の力を出せるのが、この地を愛し将 来に大きな夢と希望と情熱をもった青年たちなのです。明るい豊かな社会と住み良い地域社会づくりのために、青年として愛情深く、義理人情 に厚い仲間たちと決して揺るがない絆を築き、未来へつなぐ改革を進めよう。